住宅ローン・サービス

【フラット35】S

【フラット35】Sは、【フラット35】をお申込みのお客様が、省エネルギー性、耐震性などに優れた住宅を取得される場合に、【フラット35】の借入金利を一定期間引き下げる制度です。

【フラット35】Sの住宅イメージ

※出典)住宅金融支援機構【フラット35】Sのご案内 平成26年4月版

【フラット35】Sの優遇金利を受けられる住宅

【フラット35】Sの優遇金利を受けるには、【フラット35】の基準を満たしたうえで、下記のいずれかの条件を満たす必要があります。

省エネルギー性(注1) 耐久性・可変性 耐震性 バリアフリー性
【フラット35】S
(金利Aプラン)
認定炭素住宅、または一次エネルギー消費量等級5の住宅、または性能向上計画認定住宅(注2) 長期優良住宅 耐震等級3の住宅 高齢者等配慮対策
等級4以上の住宅
【フラット35】S
(金利Bプラン)
断熱等性能等級4、または一次エネルギー消費量等級4の住宅 劣化対策等級3の住宅で、かつ維持管理対策等級2以上の住宅 耐震等級2以上の住宅、または免震建築物 高齢者等配慮対策
等級3以上の住宅

(注1)平成29年3月31日をもって、【フラット35】S(金利Aプラン)の省エネルギー性の基準のひとつでした「住宅事業建築主基準(トップランナー基準)」は廃止され、「住宅事業建築主基準に係る適合証」の交付は行われなくなりました。なお、平成29年3月31日までに当該適合証が交付された住宅は、平成29年4月1日以降も【フラット35】S(金利Aプラン)を利用できます。


(注2)建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律(通称 建築物省エネ法)の規定により建築物エネルギー消費性能向上計画が認定された住宅です。(竣工年月日が平成28年4月1日以後の住宅に限ります。)共同住宅については、融資対象となる住戸が認定を受けている場所に限ります。また、増改築等による認定を含みます。

対象物件の技術基準
【フラット35】Sの2つの金利引き下げプラン

現在、2つの金利引き下げプランが適用されております。

金利引き下げ期間 金利引き下げ幅
【フラット35】S
(金利Aプラン)
当初10年間 【フラット35】の
借入金利から
【フラット35】S
(金利Bプラン)
当初 5年間 ▲0.3%

※【フラット35】Sには住宅金融支援機構の予算金額があり、予算金額に達する見込みとなった場合は、受付を終了させていただきます。

【フラット35】Sってどれくらいお得?

借入金額3,000万円、返済期間35年、A方式(定率タイプ)で算出した場合

※試算内容は目安金額としてご利用ください。

[ 2017年4月の実行金利 ]

住宅ローンタイプ 【フラット35】 【フラット35】S
(金利Aプラン)
【フラット35】S
(金利Bプラン)
適用金利 全期間  %
当初10年  %
11年目以降  %
当初5年  %
6年目以降  %
毎月返済額 全期間  円
当初10年  円
11年目以降  円
当初5年  円
6年目以降  円
総支払額  円  円  円
【フラット35】
支払額との差額
なし  円  円